治療

2013年4月16日 (火)

目の検査

健康診断ひきつづき、尿と目の検査に行ってきました。
目は6年前から症状が出始めて、どんどん瞳の大きさが変わっていって輪郭が滲んで来たからです。
6280
行きつけの病院で、眼圧検査を行ってもらったところ、
前房(角膜〜水晶体までの水が入っているところで)の水が濁っていて毛様体(ピント調整の筋肉、液体を作るところ)が炎症をおこしているとのことで、しばらくフルオメソロン1%点眼液を朝、夜点眼することになりました。
ステロイドですが、猫は人ほど副作用がでないそうです。
人<犬<猫 の順番で強いそうです。
目薬が指すのがまたむずかしいです。
原因はなにかぶつけたとかそういうことらしいのですが、
軽い白内障、でもまだ見えるので大丈夫ではあるのですが。
様子を見てまた再来週、再検診です〜

| | コメント (2)