江戸川の猫

2011年6月 2日 (木)

のらぷる

ひさしぶりの猫おばさん家です。

ぷるたんを訪ねると、家の敷地内に

ぷるたんの巣があるとのことで見に行きました。

Bushilog_0351

ぷるたん秘密基地。

Bushilog_0352

ぷるたん・・・いました!

2階からたびたび脱走するので、

猫おば家の外猫決定に。

ご飯は毎日食べられるし、巣も敷地内に出来たし、

猫が密集した保護部屋よりのびのびして

よいかもしれません。

里親探しはとっくにあきらめておりましたが、

今回きっぱりあきらめました。

Bushilog_0353

猫の幸せの形もきっと千差万別。

猫といっしょに長年住んで保護し続けたせいか、

最近ますます猫化している猫おばさんのほうが

ずっと猫の気持ちがわかるだろうし、おばさんに

判断をゆだねます。

Bushilog_0354_2

ぷるたんのケージの後には、

もう次の保護猫が入っておりました。

若い母さんと生後1ヶ月の4姉妹です。

| | コメント (2)

2011年2月12日 (土)

迷子のサバトラ オス 紫の和柄の首輪

昨年から江戸川に迷い込んできた元飼い猫です。

オス サバトラ 年は1~5歳くらいです。

目はグリーン、足長で白ソックスを履いているような足。

しっぽは中ぐらいの長さで先端が曲がっています。

河川敷に来た当初は首輪に片腕が通った状態、首輪をたすき掛けしてやってきました。

当時付けていた首輪のわっかの大きさから推定すると、3~4ヶ月で脱走した模様です。

首輪がからまったまま成長したので、首輪が肉にくいこみ、擦れた首輪と皮膚には膿みがたまって、圧迫によりひどくやせておりました。

首輪は膿みでドロドロでしたので捨ててしまいましたが、紫色の手まり模様の和柄っぽいものでした。

千葉県、東京都でお住まいの方で3~4ヶ月の頃、脱走していなくなったオスのサバトラがいませんでしょうか?

もし心当たりの方がおりましたらコメント欄にご連絡ください。

Bushilog2282

首輪をはずしてから少し太りました。

Bushilog2283

左肩から右腕に首輪を通したお蔭で首の窒息は免れたのですが、首輪が肉に食い込んで成長した傷が半年以上たっても完治しておりません。

Bushilog2284

とっても足長できれいな緑の目。

Bushilog2285

来た当初は用心深げに来ましたが、首輪を切ってあげたら、とてもよく懐く子でした。

今は「たすきちゃん」と言われて江戸川におりますが、元の名前と住家を取り戻せますように願っております。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

  勝手に里親募集を応援しています

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

みけこちゃん

3~5歳の女の子

隻眼は賢者ならぬ賢猫の印。

とってもかしこいみけこちゃん!

片目では狩も難しいので、野生では生きていけません。

20110110194639ac3

みけこちゃん里親募集要項↓

http://www.makibou.com/hogo/mikeko/
以下転記です。

地域猫のお世話をしている友人の、餌場にふらりと現れました。
片目で、ガリガリに痩せ、ひどく困窮した様子でした。
初対面というのに友人の腕に手をかけてきて、
ごはんをねだったそうです。クリスマス直前、
雪が降るかもとの天気予報でした。このままでは死んでしまう、助けてくれ、と、すがりついてきて、自分からキャリーに入ったそうです。
友人の家はもう手一杯のため、避妊手術後は我家で預かり、
里親募集をすることになりました。

みけこちゃんをよろしくお願いいたします☆

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

クローンの死

江戸川の猫、古参株のクローンが

いなくなりました。

猫の死はそっと風のように去っていくだけです。

Bushilog1712

高齢にもかかわらず、今年3月には玉のような子

を産み育て、りっぱに育てあげました。 

Bushilog1744

警戒しながらおっぱいを与えるクローン。

慣れない我が家での子育てはクローンにとって

辛いだけのものだったと思います。

Bushilog1727

クローンの厳しい教育によって、良い子に育ち

巣立っていった子猫達。

それと同時にクローンは不妊手術をするために

こわがり威嚇するところを病院へ連れていきました。

Bushilog1743

怖い思いをして、帰ってみれば子供達がいなくなって

うちひしがれたクローン。

また怖い思いをさせて江戸川に返したクローン。

恐怖と高齢猫の無理な不妊手術がクローンの寿命を

縮めてしまいました。

ごめんねクローン。

おやすみなさい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント欄はお休みします。

いつもありがとうございます。

|

2010年11月 8日 (月)

プルタン近況

ひさしぶりのプルタンです。

猫おばさんの所で居候しています。

Bushilog2064

「そこのちびよぉ!あったかくして寝ろや~」

Bushilog2065

「あい・・・」

「猫じゃらしはこうやって遊ぶんだぞ」

Bushilog2066

「へえ~!」

プルタンが猫じゃらしで遊ぶ姿は正直驚きました。

体は伸びても一瞬のこと、

この後ばったんどったんいつものプルタン。

そしてあっさり猫じゃらしを渡してあげます。

Bushilog2067

自分の身の上がわかっているのか、

元々の性格なのか、

プルタンは他の猫にとてもやさしい。

時々ドタバタ歩きでぶつかって他の猫に

怒られているけれども、プルタンはめげない。

ちょっとふっくらしてきました。

| | コメント (4)

2010年9月14日 (火)

里親さんが決まりました!

江戸川の子猫にて、「ビックロ」の娘(注:猫の名)

が女ボス「ワル」の巣穴に置いていった「ワル」の養女に

里親さんがきまりました!

Bushilog1970

この子自体はおとなしくて、捕まえることができるのですが、

親が子煩悩でなかなか手放してはくれませんので、

えさで引き寄せて親が遠くにいるところを見計らって捕獲

しました。

それでもロケットスタートで親が飛んできて威嚇されまくり。

猫に必死に事情を説明する姿はかなり間がぬけたものです。

Bushilog1976

そんな訳ではじめて親と離れて、電車に乗って、車に乗って

大移動した子猫。

それでも唸りながらレトルトパック完食するたくましさ。

Bushilog1977

この度は猫おばさんのご紹介。

お腹ぽんぽんでねむねむのところを里親さんに引き取られて

いきました。

Bushilog1978

老犬と先住の猫と高校生のお嬢さんと中学生の息子さんの

いる4人と2匹のにぎやかなご家庭に行ってきます!

お名前も「ななちゃん」とかわいい名前をつけてもらいました。

Bushilog1979

今回お嬢さんが特に気にかけてくれたプルタン。

後ろ髪がひかれるまでプルタンと一緒にいてくれました。

「目がきれい」、「かわいい」といってやさしく撫でてくれました。

今日のプルちゃんは少し誇らしげ。

プルタンは特にやさしい言葉が大好きです。

ちょっと自信がついたね!プルタン☆

| | コメント (4)

2010年9月12日 (日)

命は続くよどこまでも

Bushilog1967

江戸川の猫と言っても顔見知りの猫、さらにその子猫。

少しでも子猫に人の手が触れると

親猫が警戒してよそに隠して育てあげる。

2ヶ月後、凱旋した時にはりっぱな警戒心まんまんの

まったく慣れない野良猫ができあがってくる。

馴れた猫から不妊手術を済ませていったら、

シャーフー言う子猫の山盛りができてしまった・・・・。

Bushilog1968

こちらは人馴れした親猫と子猫。

それでも人を警戒して隠して育てていた。

ある日、倉庫の上でガリガリに痩せて弱っていたこの子を発見。

残りの2匹は落ちたのか鳥に食われたのか死んだのか?

倉庫の上から下ろして人の手で薬とミルクを与えた。

Bushilog1969

これだけ人馴れしてしまうと逆に危険な目にあうので、

健康をみはからって里親募集にふみきろうと思っている。

けれども親がまだゆるしてくれない・・・。

Bushilog1970

一番上記の野良猫風に育った子猫の中で

唯一里子にだせそうな子。

うんと子猫の頃人間に抱っこされた経験がある子猫。

子猫をうんと小さい頃に撫でてやらないと人間に慣れない

というのは本当のようだ。

この子達の親猫は小型犬なら簡単にやっつける猛者中の猛者。

幼少期には一匹たりとも欠けたことがない子育て上手。

丈夫で脚力のある敏捷な子猫が増えれば増えるほど

眉間のしわが増える・・・。

| | コメント (2)

2010年9月11日 (土)

パンダちゃん死す

Bushilog1161

日付を見ると去年の6月。

我が家に一時保護したパンダちゃん。

Bushilog1159

この頃はほんの3ケ月頃。

その後も栄養不良で子猫の大きさのままでした。

Bushilog1152

武士は好きだけど私は大嫌いで、慣れなくて

江戸川に返したパンダちゃん。

親切にも預かってくださるお申し出も私は断ってしまいました。

パンダちゃんは車に轢かれて死にました。

轢かれた後も息があったそうですが、ひっそりどこかに

隠れてしまいました。

未だにどこで眠っているのかわかりません。

Bushilog1162

江戸川の猫は車のエンジン音に敏感に反応し、

轢かれることは滅多にないのですが、

(交通事故のプルタンは事故にあってからやって来た外様猫)

遅い発情期がきたのでしょうか?

つい体が小さくて不妊手術は後回しにしてきたパンダちゃん。

手術をしてハンガーストライキをして抗議する子もいれば

しなかったばかりに事故にあわせてしまったこの子もいる。

猫にも感情があって、割り切れない時がある。

パンダちゃん今は昔の写真で偲ぶことしかできないけれども、

2年ちょっとの猫生をどう感じて生きていたのだろうか。

| | コメント (4)

2010年8月13日 (金)

プルタンと再会

ひさしぶりに猫おばさん家を訪問!プルタンいました~☆

Bushilog1942

元気そうだね!

Bushilog1943 

半年ぐらい会っていなかったのにプルタン覚えていてくれました。

少しスリムになったかな?

Bushilog1944

江戸川の猫達が遊んでいたねずみのおもちゃを差し入れると

しばらく遊んでいました。

Bushilog1945

他の猫達にも寛容です。

Bushilog1946

特になにもしませんがあたたかく見守ることができます。

Bushilog1947

プルタンはプルプルした動きと時々何かにとりつかれた様に

ジャンプしますが、普段はおとなしくやさしい子です。

体は武士ほどではありませんが、大きく場所をとるとの事で、

猫おばさん家の居候生活もあやしくなってきました。

不本意ながら「里親募集」に踏み切ります。

何部屋もあって武士と会わないように暮らせることができれば

家でひきとってやりたかったです。

詳細はまた改めて記載します。

これからもプルタンの応援をよろしくお願いいたします♪

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

妊娠の季節

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これは里親様に渡そうと思って渡せなかった作図です。

なぜなら「トラントラン」の子猫2匹以外に

「クローン」の子も引き取ってくださったので、

「クローン」の方はさっぱり家系がわからなかったからです。

▼クリックすると原寸で見ることができます

Photo_2

この図左上の「トラントラン」が今年2回目の妊娠、

この図にはいませんが、江戸川猫界のゴッドマザー

老齢12歳以上の極悪三毛猫名前が「ワル」

もまた妊娠して、(前回は子供の置き場所を忘れたらしい)

「ワル」は人間が子猫を拉致する事を知っていて、

他の場所で産んで育てています。

頭が良いので捕獲器でも無理でしょう。

「トラントラン」は慣れているので捕獲可能で

子猫も慣れるし、出産後は手術も可能でしょうが、

この夏何匹産むのでしょう?

猫おばさんところは既に収容いっぱいです。

今年ですべて終わらしたいと思いつつ、

戸惑いも隠せない今日この頃です。

コメント欄を閉じさせて頂きます!

いつもありがとうございます。

良い週末を!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

|

2010年5月25日 (火)

クローン走ってゆく!

子猫におっぱいを与えている時のクローンは、

Bushilog1743

とても幸せそうでした。

Bushilog1744

我が家に来て以来、大絶叫で

風呂場の窓に張り付いていたクローンは、

力なく30分で洗濯物ネットに収まり病院へ行きました。

点滴と先生にシリンジであむあむご飯を食べさせてもらって

体力が復活したクローン。

我が家に来て500g痩せました。

Bushilog1745_2

体力が戻るとシャーフーの嵐。

「うあにゃんうあん」とおしゃべりを夜中中しっぱなし。

Bushilog1746

出てくるのはおトイレの時、風呂場で絶叫する時。

Bushilog1748

子供達も里親さまに全員貰われて、クローンは望んでいない手術、

自由にならない環境、不満MAXのクローン。

先週の土曜日の夜中、江戸川へ返してきました。

Bushilog1747

抜糸もとうとうあむあむして抜いてしまったクローン。

着いたそうそう子供を捜し始めたクローン。

でも野良の子供達は生まれたが最後、人里離れた所に棄てられ、

カモメやカラスに喰われる運命だった。

やはり私は人間の立場でしか物事を考えられない。

10年後猫達にえさをやる人がいなくなって、

河川敷の環境が閉鎖されることがあった時に

最小限の犠牲ですませたいと願っている。

全部は助けることができない。

| | コメント (4)