« パンダちゃん死す | トップページ | 武士のSanctuary »

2010年9月12日 (日)

命は続くよどこまでも

Bushilog1967

江戸川の猫と言っても顔見知りの猫、さらにその子猫。

少しでも子猫に人の手が触れると

親猫が警戒してよそに隠して育てあげる。

2ヶ月後、凱旋した時にはりっぱな警戒心まんまんの

まったく慣れない野良猫ができあがってくる。

馴れた猫から不妊手術を済ませていったら、

シャーフー言う子猫の山盛りができてしまった・・・・。

Bushilog1968

こちらは人馴れした親猫と子猫。

それでも人を警戒して隠して育てていた。

ある日、倉庫の上でガリガリに痩せて弱っていたこの子を発見。

残りの2匹は落ちたのか鳥に食われたのか死んだのか?

倉庫の上から下ろして人の手で薬とミルクを与えた。

Bushilog1969

これだけ人馴れしてしまうと逆に危険な目にあうので、

健康をみはからって里親募集にふみきろうと思っている。

けれども親がまだゆるしてくれない・・・。

Bushilog1970

一番上記の野良猫風に育った子猫の中で

唯一里子にだせそうな子。

うんと子猫の頃人間に抱っこされた経験がある子猫。

子猫をうんと小さい頃に撫でてやらないと人間に慣れない

というのは本当のようだ。

この子達の親猫は小型犬なら簡単にやっつける猛者中の猛者。

幼少期には一匹たりとも欠けたことがない子育て上手。

丈夫で脚力のある敏捷な子猫が増えれば増えるほど

眉間のしわが増える・・・。

|

« パンダちゃん死す | トップページ | 武士のSanctuary »

江戸川の猫」カテゴリの記事

コメント

太っちょの母さんへ
太っちょ君のようにやや高齢な猫も、みーちゃんのように人嫌いだった猫も、里親募集では必ずはじかれてしまう猫ちゃんたちです。
でも父さんと母さんが猫達に時間を与えて、心が開くまで無理強いせず待ったことで、みーちゃんと太っちょ君の現在があるのですね。
どんな慣れない子も時間をかければ心開いていくことを母さんのブログで学びました。
そんな方達にこの子達も出会うことができればと思います。
今の虐待は人間の子へ向けたものの方も凄まじいですよね。
人間でさえ犬猫以下の扱い当の犬猫はそれ以下の扱い。
つめの垢くらいでは間に合わなさそうです。

投稿: ayyan | 2010年9月12日 (日) 21時21分

>うんと子猫の頃人間に抱っこされた経験がある子猫。
>子猫をうんと小さい頃に撫でてやらないと人間に慣れない.
その通りだと思います。白美ちゃんを毎日いじくり回して
感じている事です。みーも仔猫のの頃は抱っこができなかった、あまり触らせてもくれなかった。やはり今でも抱っこは苦手、太っちょも同じである。
人間も動物も仔猫の頃の環境がその子の
将来を左右するのは大ですね。:)

子供を虐待する人間の母親に、
この母さん猫の爪の垢でも煎じて飲ませてあげたい、
人間の馬鹿親。

投稿: 太っちょの母 | 2010年9月12日 (日) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンダちゃん死す | トップページ | 武士のSanctuary »