« プルタンの事 | トップページ | こんな戦法あったかな? »

2010年4月 3日 (土)

はじめて見た虐待

猫おばさん家に保護されていた猫。

健常な頃に不妊手術をした猫でしたが、異変発覚保護。

Bushilog1680_2

口は絶えず汚れとよだれでベトベト。

Bushilog1681 

歯が重なって顎が開かないのです。

Bushilog1683

犬歯がかみ合ってしまって口が開きません。

この間から舌をチラチラ出すのが手一杯。

獣医さんが言うには下あごから強い衝撃を受けないとこんなことにはならないとの事。

例えば人間が下から蹴り上げること・・・。

虐待による怪我との診断がくだされました。

Bushilog1682

ガリガリに痩せて成猫なのに2kgにも満たない体重。

ご飯を食べたいのだけど、口に少ししか入らないので、常にご飯を探している状態。

レジャーシートを敷かないとご飯をぬぐってたたみに擦り付けてしまう始末。

栄養補給はミルクを飲ませて辛うじて生きている状態でした。

Bushilog1684

人に心を許した為に受けた虐待。

そしてもう人間の手を借りないと生きていくことはできない惨めさ。

そして今朝、この子は猫おばさんの膝の上で息をひきとりました。

弱りきってご飯を受け付けられず餓死しました。

やるせません。

|

« プルタンの事 | トップページ | こんな戦法あったかな? »

事件・事故」カテゴリの記事

コメント

ゆのさんへ
コメントありがとうございます。
ゆのさん家19匹完全室内飼いですか?すごいですね!
毎日の猫ちゃんのお世話は大変だと思いますが、それは猫ちゃん達は心強いですね♪
チャコちゃんの件で怖いと思ったのは、チャコちゃんを蹴った人はおそらくチャコちゃんが死んだ事も気が付いていないということです。
ただ近寄ってきた汚い猫がつきまとったから蹴ったと思っているだけだと思います。
そしておそらくそんなことがあったことも忘れていると思います。
示威的に猫を虐待しその亡骸を晒す変質狂の虐待者には、必罰に値し、重刑に処すべきだと思いますが、罪の意識の無い無自覚な虐待には一体どうしたらよいのかわからなくなりました。
例えば子供が子猫をおもちゃのように抱っこしたいばかりに連れ去って、子猫を見知らぬ所に置き去りにして自分はお家に帰ってしまうとか、その後母猫からはぐれた子猫はカラスやカモメに目から突付かれて食われてしまう事はわかっていないし。
瀕死ですぐ点滴打たなくては死んでしまうという状態の子猫を膝に乗っけて写メを撮って喜んでいるカップルなど、おとなしいのは死にかけているからと説明しても逆ギレする人々など、世間全体の生き物に対する変な観念?(アニメなどが影響?)が動物が癒しをもたらすという異常なほどの期待感、また反して癒しが得られない場合は、ゴミのように廃棄
し、小さい命に対してなんの労わりも尊厳も感じないむごい仕打ちの多さといったら!
罪とはその人が認識しなければ成り立たないものだと思うのですが、罪を認識できるところまで倫理が成り立ってないというか。
ひどすぎますよね。
(私も長くなってしまってすみません)

投稿: ayyan | 2010年5月12日 (水) 14時31分

はじめまして。太っちょの母さんのブログからたどりつきました。

野良猫を兄妹ごと・家族ごと保護してきて、今や、19匹の猫ちゃん家族と、一軒家で完全室内飼いで、暮らしてもらっています「ゆの」と申します。
涙が、あふれてきました・・sweat02

人懐こいばかりに、虐待されることになるなんて・・。

日本の法律も、マスコミもおかしいと、ニュースをみてて、つくづく思っています。

動物の命を人間がコントロールする権限がどこにあるのかって、憤りを感じますよね!!

哀しい命を増やさないために、避妊去勢手術の義務化を法律でつくって、守れないひとには、厳しい刑を与えてほしいです。

ペット店の販売のために、命をどんどんつくらないでほしいです。
たすけたい命は保健所にいっぱいいあります!!
なのに、わざわざ命つくるなんて・・

チャコちゃんを蹴った相手にも、他にも虐待してるひとには、目には目をでいいとおもうのです。  罪が軽すぎますよね。

被害者の人権が守られなくて、加害者の人権や個人情報は守るマスコミもおかしいと思います。  警察が犯罪したら、名前載らないのもおかしいですよね。

動物やこどもなどを虐待したひと・・二度としないために、目には目を・・くらいの厳しい刑を与えられる法律をつくってほしいものですね。 長々と申し訳ございません・・。

チャコたんが、天国では幸せに、安全に、おなかいっぱいに過ごせますように・・祈っております。

投稿: ゆの | 2010年5月11日 (火) 04時47分

じゅんこさんへ
朝から涙を流させてしまってすみません。
一見気がつかないような地味な虐待で、この子を蹴りあげた人はこの子が死んだ事をこれからも気がつかない事でしょう。
このチャコちゃんの生きた意義はなんだろうとあれこれ書いたりしたのですが、全部消して、ただチャコちゃんの存在だけを知ってもらおうと思いました。
じゅんこさんありがとうございます!

投稿: ayyan | 2010年4月 8日 (木) 07時50分

本当にかわいそう。朝から涙が出てしまいました。
やった人に同じ思いをさせたいって思います。
自分の子供にだってひどい虐待をするニュースばかり。そしてその罪が驚くほど軽くて、信じられないです。

でもこの子のことを知ることができてよかったです。悲しまれることなく死んでいく子もいっぱいいっぱいいるでしょうからね。

投稿: じゅんこ | 2010年4月 7日 (水) 09時42分

たかこさんへ
お加減はいかがですか?
具合が悪いところ気分が滅入るような内容ですみません。
上下の歯の噛み合わせを削って栄養を取らせてあげたらよかったのかもと後になっていろいろと思うのですが、保護の仕方も悪かったかもしれません。
この子の猫生はつらく悲しいものでした。
ただ忘れてはいけないと思いつつも、何を訴えたらよいかわからないまま掲載してしまいましたが、もう少し私自身の保護にも詰めていかなければいかないものがあるような気がします。
チャコちゃんにやさしい言葉をありがとうございます。

投稿: ayyan | 2010年4月 5日 (月) 23時52分

チャコちゃん・・・・悲しい猫生だったのね・・・それでも最期の時を冷たい道路や廃屋の中ではなく、猫おばさんの元で暮らし、迎えられたことがせめてもの慰めです。
 人慣れしてしまうとこうゆう事が起こってしまうのですよね 野良さんでも人に慣れなければ警戒して近寄らないからこんな無残な虐待だけはさけられるけど・・・
 もう今は虹の橋を渡って、先輩猫さんたちと仲良く楽しく遊んでいられるかな・・・
 本当に切なくて胸が苦しくなるようなことが現実に起こってしまったのがショックです。話では聞いたことがありますが現実を目の前にして言葉がありません。
 こんな辛い思いをして生きる猫さんが一頭でも減りますように願うばかりです。
 チャコちゃんのご冥福を心から祈っております。太っちょくんの母さんに可愛らしいお名前を付けてもらえて良かったね

投稿: たかこ | 2010年4月 5日 (月) 09時48分

太っちょの母さんへ
名前!そうこの子には名前がありませんでした。そんなことも思い当たりませんでした。
良い名前をつけてくれてありがとうございます。
猫おばさん流石に泣いていました。
母さんの話でスペインも野蛮ですが、日本も十分に野蛮だと思いました。
一生懸命TNRをやっている人もいれば不妊手術もせず大量のから揚げを置いていって腐敗させる人もいれば、猫を減らす運動に感謝する人もいれば、猫を殖やしておいて暴力で追い出す人もいます。
猫が殖えて困っている人でも猫ボラの勝手な活動と思い込みお金も出さないばかりか、嫌がらせをする人もいます。
猫おばさんはそういう人達に向かっていくので、いつか刺されるのではないか冷や冷やしていますが。
大半の人が猫の為にどうしてそんなに一生懸命になれるのといわんばかりです。
でもチャコちゃんを忘れてはいけないので掲載しました。それしか今はできませんけどね。

投稿: ayyan | 2010年4月 4日 (日) 22時14分

双子姉様
どうもありがとう。
世の中にはいろんな考えの人がいて、いろいろと行動を起こすのだけど、弱いものに結局はツケがきてしまいます。
悲しいことですね。

投稿: ayyan | 2010年4月 4日 (日) 22時00分

ayyan?
猫おばさんと供に
本当にお疲れ様。
私も実際には虐待された猫を
此の目で見た事は無いです。

でも、チャコちゃん(勝手に名前をつけちゃいました)
2年間よく生き抜いて来ましたね。
野良猫として生まれて来る事自体が
壮絶な未来が待っているのに、
それも虐待迄されて••
でも、唯一、唯一救いなのは、
最後だけでも人間の温かい温もりの中で
向うの世界に旅立たれた事。自分の気休めしか
なりませんが、きょう一日チャコちゃんの
事を考えます。そして保護されて、家猫さんに
なれた猫達がどれだけ運がよく、幸せな事なのか?
改めて思い知らされます。

野生動物には自然界の厳しい試練はあっても、
虐待はないですもの。人間の、特に日本人の心が
何処迄荒んで、病んでしまっているのか••

涙が止まりませんが、チャコちゃんが
この世に生きていた事、忘れません。
猫おばさんにありがとうとお伝え下さい。
合掌。

投稿: 太っちょの母 | 2010年4月 4日 (日) 07時24分

悲しいですね。弱い者にあたるなんて・・・。
せめてこの猫が天国で元気になることを祈っています。もう苦しまないように・・・。

投稿: 双子姉 | 2010年4月 3日 (土) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プルタンの事 | トップページ | こんな戦法あったかな? »