« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

江戸川猫状況1

昨年船宿の女将さん出資の元

不妊手術をした子がいるので、

今年のベビーブームは抑え目にもかかわらず、

ダンボールハウスでは7匹の子が生まれました。

Bushilog1711

子猫をかわいがるトラントランちゃん。

↓実の子はすでに里親様の元に

  巣旅立っていったこの子達。

キジトラちゃんが1ヶ月半にして2ヶ月ほどの体格、

他の子猫の栄養まで吸い取っていました。

というのはクローン母ちゃんの巣箱に

トラントランの子の2兄弟がいっしょに入って、

合計7匹の子で母ちゃんのおっぱいを、

奪い合っていたからです。

Bushilog1693

そんな事情も知らず

母猫トラントランは子育てが

まだやり足りてなかったのか、

未だに他の猫の子を協同で育てています。

江戸川の猫は実の子以外でも

母乳が出る状態であればおっぱいをあげるし、

子猫も目の前にぶらさがっているおっぱいなら

どの猫のでも飲みます。

子育て下手な若い母猫は、

他の子育て中の猫の巣箱に自分の子猫を入れて

ベテラン猫と協同で育てたりします。

自分の子だろうが他の子だろうが、

子育てはみんなでやるのが江戸川ルール。

母猫の子猫への愛情は

並々ならぬものがあるのですが、

時々自分の子がどの子だったか

忘れてうろうろしていたりするのは

猫ゆえのお約束だったりもします・・・。   

Bushilog1712 

今回の子猫の母ちゃんは

子育ベテランのクローン(←名前です)です。

クローン母ちゃんの5匹の子猫の中から、

先日2匹が里親様の下へ巣立ちました。

クローンは愛情深く人間嫌いの猫なので、

その怒りは地のように深く

残りの子猫を隠し威嚇してきました。

お蔭様で子猫達は

ダンボールハウスから出させられてしまい、

この長雨の中12Rの辰吉丈一郎の様に瞼が腫れ

風邪を引いてしまいました。

クローンの気持ちも確かめず、

早めに渡した私が一番いけません。

風邪ひく前の子猫さん達。

Bushilog1713 

ミケ猫ちゃん。

Bushilog1714 

キジトラ君。

それとパンダちゃん。

Bushilog1716 

しばらくはダンボールハウスで

クローン&トラントランに

引き続き子育てをしてもらうしかありませんが、

目薬を差すのと薬を飲ませるのは

クローン母さんは黙認してくれます。

ちなみにクローン母さんの子猫といえば

Bushilog1342 

実家のレイアもクローンの子です。

さて「ちあきなおみ」ぼくろを持つプルタンですが、

一昨日不妊手術をしました。

Bushilog1715 

猫おばさんの家で檻生活7ヶ月を経て、

ようやく他の猫とも打ち解け、

檻の外で生活を始めています。

基本ビビリなんだけど、

一度踏み切ると大胆な性格のプルタン。

プルタン性格変わってなかったね(笑)

他の猫といっしょでも大丈夫ということが

一番安心しました。

長くなりましたが、今の江戸川猫の状況です!

| | コメント (2)

2010年4月24日 (土)

それ以上太ると・・・

下の猫おばさんの所にいる武士を迎えに行く。

「ぶしちゃ~ん!」

Bushilog1705

のっそりと出てくる。

Bushilog1707

うんせっ

Bushilog1708

うんせっ

Bushilog1709

よっこいしょお~!

それ以上太ると扉をくぐれないよ武士君・・・

Bushilog1710

そうそうそれ以上太るのとまれ・・・!

| | コメント (4)

2010年4月22日 (木)

武士のリンパ腺

気候が不安定な時、ストレスがかかった時、

いつもリンパ腺が腫れていますが、特に腫れます。

リンパ腺が顎下から触るとくっきり形がわかる程です。

で今回母ちゃんも風邪をひいたので思いついたんだか

焼酎シップをされました。

ものは簡単!

焼酎に浸した布を腫れている患部にはるだけ。

アルコールが揮発する時に患部を冷やします。

写真はないですが、母ちゃんもシップしています。

Bushilog1701

焼酎シップはだいぶ効果があって右下のリンパ腺

が収まってきました。

Bushilog1700

そんなんで今日はご機嫌です。

そして調子に乗った母ちゃん。

もっと腫れがひくといわれているシップを作りました。

小麦粉をお酢で練って布に包み患部に当てるのです。

これも母ちゃんが子供の頃、リンパ腺腫らした時に

していたシップです。

Bushilog1702

食欲は出ましたが、お酢は非常にくさいのです。

Bushilog1703_2

猫は酸っぱい物嫌いなんです!

実験はやめてください母ちゃん!

薬とリンパ腺の腫れをとってあげると少し元気に

なるような気がします。

が、焼酎舐めないでくれてよかったという事が前提です。

| | コメント (8)

2010年4月19日 (月)

子猫の新しい道!

土曜日の風景。

Bushilog1693

少し風邪が回復した子猫達。

兄弟喧嘩が始まりました!

Bushilog1692

あにすんだ兄ちゃん!

Bushilog1694

うるせー 弟だな!足かじってやる がぶりっ!

Bushilog1695

いてぇよ兄ちゃん!

兄ちゃんの顔面ホールドが決まったかと思ったら、

ぐふうっ!弟のキックがきまった~!

この兄弟の今生の別れだと思って其の日の朝は眺めていたけど、

思いがけず2匹いっしょにと里親様は希望してくださったのでした。

サバトラの弟君は猫には珍しくトイレがちゃんとできないけれども、

笑って大目にみてくださっているらしい。

なんだか気が抜けて風邪ひいてしまいました。

本当に心底びっっくりしたんだな。

| | コメント (4)

2010年4月14日 (水)

ワクチン打った後には

布団をあげている途中で、布団占拠される・・・。

Bushilog1688

ワクチンを打った後は具合が悪くなる武士。

Bushilog1689

昨年から5種から3種に切り替え、毎年摂取は1月だったのですが、冬は調子が悪いため勝手ながら4月まで伸ばして、先生苦笑していました。

Bushilog1690

リンパ腺が張っているから伸ばすと気持ち良いみたいで。

歯茎に膿が溜まって、薬も飲み続けているので具合悪いMAXです。

Bushilog1691

体重測定は7.7kg

具合悪いのに食欲は落ちない武士さんでした。

| | コメント (6)

里親募集その後 子猫

御蔭様で二家族里親候補に名乗りをあげてくださっていますが、犬歯は生えたものの離乳が出来ていないのです。

とりあえずはお渡しできるようにしたいと思います。

とり急ぎご報告にて!

|

2010年4月13日 (火)

里親募集

3月6日生まれの江戸川の子達です。

昨年から始まったTNRは船宿のおかみさんの下、6匹完了内、3匹里親様が見つかりました。

この子達はまだ不妊手術が終わってなかった猫の子です。

あつらえてもらったダンボールハウスの中で大事に育てられています。

それでも親と同じ環境で育てていくには忍びなく、里親様を探しています。

微弱なTNR活動ですが、よろしくお願いいたします。

Img_0160

キジトラは鍵気味の普通のシッポ

元気な子です!

オス?かなと思っているのですが・・・

Img_0169

サバトラの子はおとなしく哲学的なお顔です。

シッポは短いです。

家のデブ君が許してくれれば保護できるのですが、母ちゃんは気が強いし、うちのデブに噛まれたりしたらFIVに感染してしまうので、今思案中です。

| | コメント (4)

2010年4月10日 (土)

今年はお花見は仕事の移動途中にて。

Bushilog1685

Bushilog1686

Bushilog1687

桜って撮るの難しい・・・。

皆様良い週末を!

|

2010年4月 6日 (火)

こんな戦法あったかな?

みーちゃんは縄張りに若いオスが入ってくると、雄たけびを上げる。

Bushilog1669

弱いけど武士がとりあえず出ていく。

Bushilog1670

武士が出ていって雄たけびをあげると、

私が出ていく。

私が出て行った時には侵入者は退散。

Bushilog1671

「ふ~危なかった~」byみー

どうも私はみーちゃんの戦術のコマの一つらしい・・・

| | コメント (4)

2010年4月 3日 (土)

はじめて見た虐待

猫おばさん家に保護されていた猫。

健常な頃に不妊手術をした猫でしたが、異変発覚保護。

Bushilog1680_2

口は絶えず汚れとよだれでベトベト。

Bushilog1681 

歯が重なって顎が開かないのです。

Bushilog1683

犬歯がかみ合ってしまって口が開きません。

この間から舌をチラチラ出すのが手一杯。

獣医さんが言うには下あごから強い衝撃を受けないとこんなことにはならないとの事。

例えば人間が下から蹴り上げること・・・。

虐待による怪我との診断がくだされました。

Bushilog1682

ガリガリに痩せて成猫なのに2kgにも満たない体重。

ご飯を食べたいのだけど、口に少ししか入らないので、常にご飯を探している状態。

レジャーシートを敷かないとご飯をぬぐってたたみに擦り付けてしまう始末。

栄養補給はミルクを飲ませて辛うじて生きている状態でした。

Bushilog1684

人に心を許した為に受けた虐待。

そしてもう人間の手を借りないと生きていくことはできない惨めさ。

そして今朝、この子は猫おばさんの膝の上で息をひきとりました。

弱りきってご飯を受け付けられず餓死しました。

やるせません。

| | コメント (10)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »