« クローンクローンの独り言 | トップページ | 居候対策は押入れが一番? »

2009年11月11日 (水)

不妊手術を終えて

江戸川の猫、不妊手術第一号クローンクローンとうしちゃんが不妊手術を終えて帰ってきました。

不妊手術は江戸川の猫を世話している船宿のおかみさん&猫おばさんの協力にて実現しました。

Bushilog1452

元気な姿にほっとしました。

Bushilog1453

おしりにくっついているちびちゃんはうしちゃんの年の離れた妹です。

今回里親募集に出すために連れてきました。

Bushilog1454

今生の別れになってしまってごめんね。

Bushilog1455

この子を預けて、クローンクローンとうしちゃんが療養のため我が家にやってきました。

予定より5日ほど早く猫おばさんから渡されたのですが、トホホ・・・ようやく意味がわかりましたわい。

続きは次回にて。

|

« クローンクローンの独り言 | トップページ | 居候対策は押入れが一番? »

江戸川の猫」カテゴリの記事

コメント

quantumさんへ
いつもありがとうございます。
それでも不妊という不自然な処置にはこの猫達にとっては納得いかないことだと思います。それでも生まれては育たず死んでいった子猫を河に流すたびに、生まれ育っても猫おばさんの手に渡って誰彼かまわず渡される度にずっと考え続ける問題なのかと思います。
命の問題は本当に難しい問題ですね。

投稿: ayyan | 2009年11月11日 (水) 23時16分

おーギャングの登場ですね。:)
ayyan奮闘振りが目に浮かぶようです。
でも、本当にお世話様です。
きっと猫達は感謝しています。
人間もね。:)

投稿: quantum | 2009年11月11日 (水) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クローンクローンの独り言 | トップページ | 居候対策は押入れが一番? »