« ガビお君参上! | トップページ | 根性! »

2009年8月21日 (金)

日本文学界最古の猫バカさん

たまたま他の調べものをしていましたら、おもしろい文章が出てきました。

第59代天皇 宇田天皇の日記「寛平御記」の漢文を意訳し、さらに宇田天皇の猫好きぶりにツッコミを入れているという、なかなかおもしろいものです。

↓よかったら読んでみてくださいね

「黒猫を愛でる宇田天皇」

http://funabenkei.daa.jp/yononaka/neko/uda.html

日本文学界最古の猫バカさんです。

|

« ガビお君参上! | トップページ | 根性! »

その他」カテゴリの記事

コメント

はんなりさんへ

昨日たまたま読んだ物をまとめてみただけでした♪
一条天皇も猫に関するおもしろいエピソードがありましたよ。
皆さんよく調べていて感心します。

投稿: ayyan | 2009年8月21日 (金) 23時35分

おおっ ayyanさん
博学ですね(^^)/

さては日本史好きと見たっ!!

実はわたしも
大好きなんですっ
日本史(^^)

本当に熱い
宇田天皇さまっ

これをきっかけに
注目してみたいと思います♪

投稿: はんなり | 2009年8月21日 (金) 19時08分

はんなりさんへ
宇田天皇は菅原道真を起用した方です。
道真は次の醍醐天皇の時代右大臣までのし上がりますが、ライバル藤原時平に破れ太宰府に流されます。その時道真の左遷を聞きつけ宇田法皇(天皇は醍醐天皇へ譲位)が押しかけてやめさせようとした熱い人です。
そんな情に熱い人だからこそ、一匹の猫にも並々ならぬ愛情を注いだのかもしれません。
現代の猫事情と似ていますでしょう?

投稿: ayyan | 2009年8月21日 (金) 18時46分

おもしろいお話ですね。

いつの時代も意外と人の感性って
そんなに違いがないものなのですね(^^)

宇田天皇さま
天皇なのにちょっぴり身近に感じました♪

投稿: はんなり | 2009年8月21日 (金) 11時52分

じゅんこさんへ

あっ本当ですね!黒猫も龍も西洋と東洋じゃ真逆の扱いですね。
そう考えると「魔女の宅急便」のジジちゃんすごいです!

この黒猫、位をもらい、専門の乳母がつき、当時高価だった牛乳を使ったかゆが御飯として与えられていました。栄養が足りないので夜ごとネズミを捕まえます。「家の子は黒くて小さくて黒キビのようにふさふさで丸まったり伸びたりかわいいのに、ネズミを捕まえる優秀な一面もあるのよ」と宇田天皇が日記(ブログ?)で自慢しています(笑)
「おまえは確かに同じこの世に生きる生き物だから私の気持ちがよくわかるのよね~!言葉が違うけど
お返事できるのよね~!」
今の世の中ととっても似ているなあと思いました。

投稿: ayyan | 2009年8月21日 (金) 11時46分

面白いね!
黒猫ちゃんってところがさらにいいです♪
なんか、西洋の文化が入ってから、「黒猫が不吉」ってイメージが先行しちゃってねぇ。
でも「魔女の宅急便」のジジのおかげでちょっと復活した感じがします。

投稿: じゅんこ | 2009年8月21日 (金) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガビお君参上! | トップページ | 根性! »