« 武士の長座布団 | トップページ | 江戸川を卒業します! »

2009年6月24日 (水)

慣れない子猫その6

携帯で画像が送られてきました。

Bushilog1202

パンダちゃんは私が再度捨てた後、1~2週間は

親には威嚇され、仲間の中に入れず、

1匹でぼーっと過ごしていたそうなのですが、

同じ母親の子である茶トラ兄ちゃんと仲良くなって

ようやく群れにとけこんだそうです。

画像を頂いて、居ても立っても居られなくなり、

つりの師匠をけしかけ江戸川へ様子を見に

飛んでいきました。

パンダちゃんは猫のお世話を趣味としている

お兄さん達に首根っこをひょいっとつままれ

抱っこを楽にさせていました。

いっしょに行った釣りの師匠もいとも簡単に

つまんで私の手元に子猫をもってきてくれましたが、

それは暴れて、我がうすい胸板をうさぎのように

蹴り上げて逃げようと試みます。

御飯はお兄さんが子猫用のウェットを用意してくれ、

虫下しの薬を入れて他の猫にも食べさせました。

子猫は私が居なくなるとしっかり食べます。

近くによると相変わらず私だけに威嚇し・・・

ようやく鈍い私でもわかりました。

そうかそうか私が嫌いなんだなあ~。

それは失礼つかまつった・・・。

子猫は私が母親から引き離し、慣れない場所へ

連れ回したことを覚えているのでしょう。

ここではお兄さん達が毎日御飯をあげてくれ、

茶トラ兄ちゃんもいっしょに居てくれています。

これ以上は望むこともありません。

猫おばさんBのところへ連れていくことも

止めにしました。

お兄さん達には本当に頭が下がります。

. ..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

次は武士のマブダチの

「おいらの名は”太っちょ”」転載です。

九州の方心当たりありましたらよろしくお願い

いたします!

~記事転載ブログ~

おいらの名は”太っちょ”

http://quantum0208.blog53.fc2.com/

はんなりにゃんこ

http://www.cafeblo.com/hannari-cat/

空ちゃんの成長日記

http://kudiary.blog7.fc2.com/

緊急 26日まで期限付きのワンちゃんを どうか助けて下さい。


緊急
26日まで期限付きのワンちゃんを
どうか助けて下さい。
1
2
お友達のBlogから知ったので転載させて頂きます。
もしこのBlogを見た方で福岡県にお住まいの方
又はBlogをしている方がいらっしゃいましたら
お力を下さい。ご協力お願い致します
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆
飼い主を探しています。26日処分
ー以下転写記事ー
6月25日までに飼い主さんを探して下さい!
見つからないと26日に処分されてしまいます。
福岡県飯塚市弥山付近で6月16日に保護(捕獲)されました!
ボーダーコリー・スムース風の女の子
赤い革製の首輪
温和しくフレンドリー
どうしても、厚い壁を破ることはできず
譲渡してもらえませんでした。
でも、期限を延長してもらえました!
飼い主さん以外は助けられません。
どうかブログへの緊急転載をお願いしますm(_ _)m
この子を助けることは、大きな意味があります。
民間のボランティアのネットワーク力を証明し
次へのステップとなることは間違いありません!
近所の方が貴方のブログを見ているかもしれません!
どうか!全国の犬を愛する皆さま! 
転載のご協力&要請をお願いします。
★現在の状況は
★Animal Rescue Diaryへ記載されてます。
連絡先 hugme@yuetan.net

|

« 武士の長座布団 | トップページ | 江戸川を卒業します! »

保護した子猫」カテゴリの記事

コメント

太っちょの母さんへ
太っちょは母さんに連れて帰ってもらって絶対幸せです。太っちょも人との信頼関係ができていたこそ
母さんから飼い猫の切符が貰えたのだと思います。
野良の生活は過酷で、冬場は景気が悪く1日1食、茶トラ兄ちゃんも2歳なのに2kgあるかないかです。厳しい環境ですが、仲間ができたことが今は一番うれしいらしいのです。
わんちゃんは飼い主しか返還しないなんて、
そんな馬鹿な!
融通のきかない頭の固さに怒りを覚えます。

投稿: ayyan | 2009年6月24日 (水) 19時11分

パンダちゃん。私も心配していました。
やはり、猫の事は猫に聞けなのでしょうか?
(苦笑)本当に良かった。
>子猫は私が母親から引き離し、慣れない
>場所へ連れ回したことを覚えているので
>しょう。
ちょっとこの気持ち分かるような・・

太っちょも、
私が無理やり東京のコンクリートジャングルに
連れて来てしまって。
で、脱走以来、私と主人が太っちょを説得?
して、私が捕まえて。この時点で、太っちょは”捕まえられて、連れて行かれたおばさんから、助けてくれた人に変わったような気がします。猫と人間の信頼関係がやっと出来た様な気がするのですが。

それと犬の件ありがとうございます。
私もこれくらいしか出来る事が無くて。
でも、譲渡できない理由は、
保護した管轄の保健所が、
『現在その制度が確立していないので飼い主にしか返還しない』というものらしいです。あまりにもお馬鹿ば論理に情けなくて、情けなくて。一発”足蹴り”にしたい気分です。(苦笑)
       

投稿: 太っちょの母 | 2009年6月24日 (水) 17時04分

じゅんこさんへ
茶トラ兄ちゃん、人間の兄ちゃん様々です。
長生きは難しい環境だけれども、
猫同士仲良いのが一番幸せなのでしょうか?
猫にここまで恨まれたのは初めてです・・・
後もう一回嫌われ役で不妊手術ができれば、
ベストかなあと思います。

投稿: ayyan | 2009年6月24日 (水) 10時30分

よかったです!
やっぱり猫の問題は猫同士が一番の解決方法を知ってるかも。
ご飯の心配もないようですし、後は事故にだけ気をつけて、長生きしてくれるといいですね♪

投稿: じゅんこ | 2009年6月24日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武士の長座布団 | トップページ | 江戸川を卒業します! »