« 慣れない子猫その3 | トップページ | 慣れない子猫その5 »

2009年6月12日 (金)

慣れない子猫その4

相変わらず武士にだけは、心開きたい子猫。

子猫嫌いの武士も、この子に限って寛容な態度を示す。

Bushilog1158

でも私が近づくと、警戒、警戒、警戒。

Bushilog1159

子猫は武士にかまって欲しい気持ちでいっぱい。

武士にお乳の催促。

Bushilog1160

武士が起き上がった瞬間子猫が武士の下に潜り込んだ。

やっぱり武士の「ブッシャー!」との威嚇声が鳴り響く。

Bushilog1161

武士はひたすら忍耐、忍耐、忍耐。

子猫は拒否されるより、警戒、警戒、警戒。

Bushilog1162

疲れがたまった子猫も・・・

Bushilog1163

武士と揃って眠りについた。

Bushilog1164

上手に寝返りする振りをして・・・

Bushilog1165

武士の側にたどり着く。

その後ミルクを用意してあげても、

いっさい口にすることはなかった。

別にミルクが欲しかった訳ではなく、

ただぬくもりが欲しかったのね。

|

« 慣れない子猫その3 | トップページ | 慣れない子猫その5 »

保護した子猫」カテゴリの記事

コメント

非公開さんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。
おもちゃは大好きで、人間キャットタワーにもなってじゃらしてみたのですが、胸から上は絶対やってきませんでした。
私のブログは2~3日遅くて、せっかくコメントいただいたのですが、すでに結論を出してしまいました。自分の至らなさ、身の程を知り落ち込むのは、
人間の勝手ですが、子猫は3週間群れから離れていたので立場を悪くしてしまい元より悪い立場へと追い込んでしまいました。
今となっては遠くから見ることしかできませんが、
自戒のつもりで書いております。
ご心配下さってありがとうございました。

投稿: ayyan | 2009年6月12日 (金) 23時45分

太っちょの母さんへ

武士は子猫のごはんまでさらに頬張り、また体重が増えてしまいました。
太っちょくんは二回りも小さくなって、9日間よほど辛かったことと思います。
母ちゃんと父ちゃんの信念が太っちょくんの心を動かし、また再び会うことができたことは、愛情の深さと皆様の行動力の強さを学ばせていただきました。
これからはゆっくり休んで、体力を回復されますことを心より願っております。
野良には生きづらい場所もありますが、そういう場所が増えつつあるのですね。

投稿: ayyan | 2009年6月12日 (金) 23時38分

こちらから 近づくのではなく、じゃらしで おびきよせる。ひもを 手からぶら下げて ゆらしてみる。ペットボトルの ふた、ワインのコルク栓、コンビニ の袋をむすんだものを、ころがしてみる。子猫から よってくる様に しむける といいと思います。

投稿: 非公開 | 2009年6月12日 (金) 19時05分

ayyanいいブログね?武士君のさりげない優しさ、いいな~。猫の事は猫に聞け?でしょうか?でも、武士君後ろ姿が本当にでかくて素敵です。痩せなきゃいけないのは凄く分かるけれど、やはり幸せ太り。太っちの背中は二周り程小さくなりました。毛はボサボサ、パサパサで栄養が行き届いていないのが分かります。西船で見た野良猫は本当に可哀想なくらい痩せ細っています。
この街は野良猫が生きていくにはやはり過酷です。

投稿: 太っちょの母 | 2009年6月12日 (金) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029134/30064648

この記事へのトラックバック一覧です: 慣れない子猫その4:

« 慣れない子猫その3 | トップページ | 慣れない子猫その5 »