« 慣れない子猫その2 | トップページ | 慣れない子猫その4 »

2009年6月12日 (金)

慣れない子猫その3

さてお腹の中で暖めて寝ていた子猫も2日目には、

大嫌いな首の主と、暖かなメタボ腹が同じ人間のものと

わかり、もう二度と洋服の中で眠ることはなくなった。

子猫の興味は同じ猫の武士に移った。

武士が家に戻るなり籠城していた棚から出てきた。

Bushilog1152

ちょっとこわごわ・・・

Bushilog1153

武士も珍しく挨拶を受け入れる。

でもあまりしつこく子猫がせまるので・・・

Bushilog1154

やっぱり威嚇してしまった。

これでも武士はいままでとは違って、子猫の存在に

許容を示しているほう。

レイアへの対応とは随分と違う。

Bushilog1155

子猫も距離が必要だと理解する。

まだ子猫なのに・・・親の愛情が必要なのに・・・。

Bushilog1156

それでも武士が居れさえすれば・・・

Bushilog1157

なんとか棚から出て来て眠るようになった。

ただ私はこれ以上近寄ることはできない・・・。

人より猫が好きな猫・・・。

実に当たり前なのだけど、不安がよぎる。

|

« 慣れない子猫その2 | トップページ | 慣れない子猫その4 »

保護した子猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029134/30064524

この記事へのトラックバック一覧です: 慣れない子猫その3:

« 慣れない子猫その2 | トップページ | 慣れない子猫その4 »