« 慣れない子猫その6 | トップページ | ありがとうございます! »

2009年6月25日 (木)

江戸川を卒業します!

猫おばさんB宅です。

江戸川の猫「くろみゃん」が不妊手術を受けました。

里親様も決まり、親猫子猫といっしょに

母と娘が待つ広いお家に、

傷が癒えたら親子で引越ます。

Bushilog1204

くろみゃんは5歳。

江戸川の猫の中では一番初めに慣れた猫でした。

多くのファンを持つこの「くろみゃん」が江戸川から

去ることを惜しむ声が多かったのですが・・・。

Bushilog1206

くろみゃん親子も母と娘いっしょにいられるということで・・・

強行に決めてしまいました。

お話は猫おばさんBがまとめてきました。

もとは子猫達が乳離れできていなかったので、

子猫の保護の為に猫おばさんB宅に

連れて来られたくろみゃん。

今回江戸川を離れるに当たって、

まさか親子で引き取り手が見つかるとは、

誰も思っていませんでしたので、

取り敢えず不妊手術も引き取り手の話も、関係者には

宣言してきたのですが、晴天の霹靂でもありました。

Bushilog1205

くろみゃんそっくりの子猫(2ケ月ぐらい)、過去にも

くろみゃんの子猫はみんな愛想が良かった。

親が慣れていると子も慣れるということなのでしょうか?

Bushilog1208_2

おっぱいをせがむ子猫の吸い方に不妊手術の傷が

痛むくろみゃん。

不妊手術がショックで今日も一口も食べておりません。

それとも御飯が合わなかったかな?

ハゼもアジもシロギスも丸呑みして食べていた

くろみゃん。

生まれてこの方江戸川から離れたことがなく、

移動の際は不安で粗相しまくっていた、くろみゃん。

飼い猫になれるか判らないけれども、

くろみゃんが、飼い猫になって1日2回御飯が

食べられて、蚊の猛攻撃も冬の寒さもない

母子で安穏とした余生を送ってほしい。

勝手ながらそう願っております。

|

« 慣れない子猫その6 | トップページ | ありがとうございます! »

江戸川の猫」カテゴリの記事

コメント

太っちょの母さんへ
良かったということですよね。
成猫が新しい生活になじめるかどうかはまだデータを持っていないので心配でもあります。
ファミレスの裏の兄弟猫は成猫なのでしょうか?
具体的に教えてもらえれば、猫おばさんBがなんとかできるかもしれません。
西船橋にも猫おばさんはいらっしゃるので、エサ場にこれないところを考えると若い猫ちゃんですかね。
猫ちゃんの情報がわかりましたら教えてください。

投稿: ayyan | 2009年6月26日 (金) 01時34分

良かったね。本当に良かったね。
それも母さんと一緒で。
猫おばさまBさんに”おめでとうございます。”
とお伝えください。それでも一日1度ちゃんとしたご飯を貰えるなら、
幸せなのかな?
太っちょを探していた時に、主人が”必ず5時に
ファミレスの裏でゴミあさりをしている2ひきの兄弟猫を見かけたよ。”
という猫の事を思うと。私は今何もしていないんですよ。良心の呵責に苛まれます。
何かしてあげなきゃね。

投稿: 太っちょの母です | 2009年6月25日 (木) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慣れない子猫その6 | トップページ | ありがとうございます! »